グループIT推進/その他

eデリバリーサービス

Situation

昨今、情報漏洩が社会問題化していますが、企業では日常的にUSB等の媒体やeメール、またはシステム間データ伝送などで他社と重要データの授受を行っており、情報漏洩を防止するための仕組み作りが重要となっています。
弊社の「eデリバリー」は、インターネット上でセキュアにデータを送受信するWebシステムで、電子証明書やICカードを使用して安全な情報の授受を可能にするASPサービスです。

Outline

「eデリバリー」は電子証明書、ICカードで安全性を実現

企業データ、お取引実績情報、企業審査依頼・結果データ、保証データ、決済データなどの情報の授受方法でお悩みではありませんか?

よくある問題
  • 紙、eメール、ディクス等に含まれる重要データの紛失、誤送付リスクを懸念。
  • システム間通信にて授受したいが、企業側が開発コスト負担を懸念。

「eデリバリー」では、電子証明書、ICカードを利用することにより、セキュアなデータアクセス、データ送信方式を実現しました。

「eデリバリー」はICカードと、PINコードの二重のセキュリティー

ICカードをカードリーダーに挿入し、PINコード(*)を入力することにより、成りすまし防止やカード紛失時も安心です。

(*) PINコード:Personal Identity Number 個人認識番号

Point & Merit

「eデリバリー」の使用イメージ

ファイル登録画面例
送信者は、ファイルの区分、送信したいファイルを指定し、送信します。

ファイル受取画面例
受信者は、受信通信メールのリンクURLからアクセスし、受信ファイルをダウンロードします。

データ送受信・参照のアクセス権限を厳正化

「eデリバリー」利用者はデータの送信先(お取引先)を自由に選択でき、全てのデータを参照することが可能です。しかし、お取引先間ではデータ送受信やデータ参照が一切できません。

ページの先頭へ